« 冬休みが終わる | トップページ | 愛情ってゆう形のないもの »

2006年1月10日 (火)

因島LIVE

ドキドキした。ほんと、二人の中にあるきらきらしたものを見せてもらったみたいなドキドキ感。しばらくニコニコがとまんなかったよ。ニヤニヤじゃなくてよ。

母校まわりとか素敵すぎ!思い出を語り合う二人はほんとあったかかった。教室の場所をあっちだ、こっちだ、いやいやあっちだって、てひたすら言い合うのもたまんないね。結局昭仁が折れたけど(笑)もう高校も取り壊されちゃうんだもんね。じっくり体育館を眺める晴一が泣きそうって言ってたのも印象的だったなぁ。沢山思い出が詰まった場所なんだろうね。

でも島の景色はほんときれいでした。海がキラキラ。一生に一回は行ってやる!

小学生が一生懸命「愛が呼ぶほうへ」歌ってるのも泣いちゃったし。満足そうな昭仁と晴一の顔も。Tamaちゃんからのメッセージも嬉しかった。ハルちゃんの最後のMCにあった、いくつになってもまだまだ夢の途中でそれはわしらもみんなも変わらないこと、って言葉、すごいぐっときました。やっぱ「Let's go to the answer」は名曲だね。

今日は片手に晴一表紙&巻頭のPATi PATiでLIVEを観るというとても贅沢な感じだったんですけど、まだ全部読めてないので感想は明日。新藤さーん、・・・美形。

|

« 冬休みが終わる | トップページ | 愛情ってゆう形のないもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13689/300612

この記事へのトラックバック一覧です: 因島LIVE:

« 冬休みが終わる | トップページ | 愛情ってゆう形のないもの »